催しやイベントを探そう いついこカレンダー


2020年2月26日(水)~2020年4月5日(日)

イベント大阪歴史博物館 特別展 「猿描き狙仙三兄弟-鶏の若冲、カエルの奉時も」

大阪歴史博物館 特別展 「猿描き狙仙三兄弟-鶏の若冲、カエルの奉時も」

エリア大阪城・京橋エリア

江戸時代の大坂で名高い絵師のひとりに、森狙仙(そせん)(1747?~1821)がいます。彼は「猿描き狙仙」ともいわれ、「もふもふ感」あふれるリアルな動物画を得意としました。
狙仙には二人の兄、陽信(ようしん)(1736?~1808?)と周峰(しゅうほう)(1738~1823)がおり、その二人の兄は狩野派の描法を受け継ぎながらも、時には見る者に笑みをもたらす愉快な作品も残しています。

狙仙と同時代には、鶏(とり)の伊藤若冲(じゃくちゅう)、虎の岸駒(がんく)、蛙の松本奉時(ほうじ)、戯画の耳鳥斎(にちょうさい)など一芸に秀でた画家が現れました。
本展では、猿の絵で名高い狙仙にちなみ、彼らのお家芸も紹介します。

これまで狙仙三兄弟を取り上げた展覧会は開催されたことがなく、本展覧会が史上初の企画となります。
若冲コレクションで有名なJ・プライス氏をはじめ、海外でも高く評価される狙仙の作品、そして大坂や京都の動物絵画を数多くご覧いただける好機です。

  • 時間09:30~17:00(火曜日休館 9:30~17時(金曜日は20時まで) ただし、入館は閉館の30分前まで)
  • 料金【〔特別展のみ〕大人1000円、高大生800円 〔常設展との共通券〕大人1,500円、高大生1120円 ※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
  • お問い合わせ大阪歴史博物館 06-6946-5728
  • 交通地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目駅」2号・9号出口からすぐ
  • HPhttp://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2019/sarukakisosen.html